『刺青』第三話
片々櫻絲

sisei-mado470

谷崎文学『刺青』、最終話、お届けします。

美しい稀代の肌を持った女性をみつけた刺青師は?
ついに「刺青」完結話、登場です。


『刺青』第一話はこちらから

『刺青』第二話はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • うんにゃ
    • 2016年 9月 22日

    あどけない少女の中に潜む女の性を見抜いた彫師。
    一夜にして雄を絡め取る女郎蜘蛛の様な存在になった。
    彼女の言う通り、最初の犠牲者は彫師自ら。
    この後どれだけの男達が狂わされていくのかと読んでいてゾクゾクしました。
    今回で終わってしまうのが残念な程、耽美な世界でした。
    また作者様の素敵な絵の世界に浸りたいので、次回作を楽しみにしております( ´ ▽ ` )ノ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top